地域情報

2021年の夏休みにぜひチャレンジしませんか?『お家で〇教育』【はぐおすすめ図書】シリーズ

2021年07月20日

ながーい夏休み、お昼ゴハン面倒だなぁ〜、、、しかし、その長さを利用して

『性について親子で知る機会』を作りませんか?

今回ご紹介するのは★

性教育の第一歩におススメな図書たちです♪

先進国の中では遅れをとっているといわれている日本の性教育、なぜでしょうか?

まず、私達『親世代がちゃんとした性教育を受けてきていないこと』が事実であると思いませんか?では、どうしたら??

まず、自分が 性教育 を通して伝えたい事理解して欲しい事を伝える側が

『ちゃんと知る事』なのかなと思います(^^)

伝えるツールの一つとして『性教育関連の本』は、色々な種類があり本によっては図書館で借りたりも出来ます!

 

①まず、伝える側が学び知ること。

『どこまで教えたいか』は、子どもの年齢や家庭、夫婦によって違うかもしれません。私が色々読んで解りやすかったのはこちら★

 

次に子ども達に読んで欲しいと思う本を大人が選定する。

大人が理解しやすい本が必ずしも子どもにとって良いとは限りません。我が子はこちらにしました★

 

③最後に、子ども達と一緒に読む。

字が読める年齢なら、大人の前で自分で読んでもらってもいいかもしれません。そして、何か質問があるかな〜?聞きたいことある〜?と優しく聞いてみてください★

子どもによって沢山質問する子、特に無い子、後から質問する子、色々だと思います。

ぜひ、恥ずかしがらず(^^)

『世界一あなたが大切だから、自分自身を大切にできるようになって欲しい想いで♡』

堂々と‼︎質問に応えてあげてくださいね〜♪

『性教育とは』身体の繋がり(SEX)だけでなく、命、身体、心の大切さと尊さを知り自分自身を守るために学ぶ事と解れば恥ずかしさは半減するはず!!?

とは言っても一度では中々理解できないのが子どもなので、我が家でこのように

子ども達と一緒にいつでも読める本棚に置いてます〜!笑

2021年の夏休みも学びを楽しみながら過ごせますように(*≧∀≦*)

この記事を書いた人
アミーamiy♡

《H23.H24girl.H28 boyのアラサ-ママ》 毎日の暮らしを優しく楽しむがmotto〜!! パート勤めの主婦ライター★ 奈良の良いところを学んで、奈良の暮らしを楽しんで生きたいのでライターになりました(^^) 最近のブームは季節のお花を飾る事♡ 自然のパワーをお家に取り入れてリフレッシュ♪ バタバタな毎日だから自分の機嫌は自分でとる!(笑) ママレポには沢山のヒントがありますよ〜(^∇^)