企業情報

奈良県No.1の規模で成長を続ける紙卸商、株式会社 ペーパル

2021年10月04日

株式会社 ペーパル  代表取締役社長  矢田 武博

 

地方の雄、ペーパルの魅力って何でしょうか?

奈良県のみならず、関西圏の印刷会社等に幅広く紙を提供するペーパル。最近はお米をリサイクルした紙komekamiという自社ブランド商品も開発する勢いのある会社で取材を行いました。

まずは、人間関係ですね。そう、はっきり言えるのがいいでしょう(笑)
私たちの会社は、ありがたい事に人の定着率が高く、社員に聞いても「人間関係がいい!」という声が多いのが自慢です。
厳しい上下関係がなく、結構なんでも言える、和気あいあいとした雰囲気の社風です。
これからは、紙の在庫量増やして、強みを強化していきたいです。そのために倉庫を大きくして、トラックの数を増やして売上を増やして行こうと考えています。
またクラウドファンディングを活用した自社紙製品も開発しています。
どんどん成長していく過程で、IターンUターンの方にも、ぜひドアをノックしてほしいと考えています。

 

仕事の内容は、どんな感じですか?

一言でいうと、紙の営業業務です。
担当エリアは大阪、京都、奈良等が中心で主に印刷会社を回ります。30代から40代のメンバーが中心。
他の紙卸会社と比べて安定している仕事だと思います。私たちのチームワークは抜群で、チームリーダー中心によくコミュニケーションを取り、協力しあって売上目標を達成する活動をしています。
営業部門は現在、8人の組織になります。
この部門のミッションは、印刷会社やパッケージ会社を回ってお客様の要望をよく聞き、最適なご提案をする事。
またそうする事で売上と利益を作って行く事です。
またイレギュラーなことが起こっても冷静に対応できる事が要求されます。
でもチームワークが抜群なので、困ったときはみんなで協力して問題を解決してくれていますね。

 

奈良に戻ってペーパルで働くメリットって何でしょうか?

転勤なしで将来設計が立てやすい事でしょう。まずは。それと社員定着率が高いのも、転職を繰り返さなくていいというポイントになるかも知れません。
今はコロナで実施が難しいですが、野球やゴルフをみんなで一緒にやったり、堅苦しくなくとても楽しい雰囲気の社風で、それもいいと思います。
遠方の長距離配送もなく、転勤もありません。休日出勤もほぼないので家族を、プライベートをしっかり充実させたい方にはおススメですね。

writing
hug